価格競争を勝ち抜こう!

【メルマガ第040号】
『価格競争を勝ち抜こう!』

 

日本経済の現況は、輸出好調、内需不調という流れになっています。

 

そして、その輸出もギリシャ危機を発端としてEU経済の不安が顕在化

するのに伴い、予断を許さない展開です。

 

そうしますと、内需不調の流れはここしばらく続くという前提で考えな

ければならないと思っています。

 

最近になり、あのワタミも低価格居酒屋を出店するとのニュースが

流れました。

 

良い悪いは別として、次々に低価格居酒屋、飲食店が新業態として

オープンしましたから、無視できなくなったのでしょう。

 

そして、いままで、業績の悪化したお店をリストラして閉店してきた

ファミリーレストン業界ですが、ここにきて新しいコンセプトで攻勢を

かけるようです。

 

閉店したお店を居抜で経営する会社が好調なのを見て、これ以上の

リストラ閉店は、ライバル店を増やすことに気が付いたのかもしれません。

 

リストラで店舗を閉店する会社もあれば、同じ店舗をそのまま居抜で

生かし経営することを考える会社もあるのです。

 

当然にそのまま利用できれば、開店時に大きなウェイトを締める内装費を

抑えられるのですから、競争でも有利になります。

 

最近は、サラダバー付きの飲食店が好調のようですが、今後同じような

お店が増える気がします。

 

いずれにしても、大手チェーンも手をこまねいているのではなく、

リストラが一巡していますので、新たなコンセプトで攻勢をかけて

来るのは間違いありません。

 

攻撃は最大の防御なのですから。

 

そうしますと、飲食業界の競争はこれから益々激化すると思われます。

時代の流れを読み、それに合わせて行く。

 

私と一緒に勉強し、生き残りましょう。