どうして経営を学ぶのか1

【メルマガ第003号】

会社経営をするのに、経営の勉強をしなければいけないと言われます。

 

めんどくさいし、できれば勉強は嫌いなので、やりたくない。

おいしい料理を作るのは誰にも負けない、技術では自信がある。

そうです、だから自信を持って独立したのです。

 

でも、経営の勉強は避けて通れないのです。

 

私がこの起業戦略塾を開設したのは、せっかく会社を設立しても失敗する

人が多いからです。

経営の勉強をしていれば、倒産を避けられたかもしれない。

そんな、会社も多くあるのです。

 

2年ぐらい前に、こんなことがありました。

私の顧問先の知り合いの不動産関係の会社を経営している方の話しです。

その方が顧問先の方に嬉しそうに話されたそうです。

会社を設立して何年か経ち、やっと銀行の信用も付き、何億円かの資金を

借入できるようになったそうです。

銀行の融資担当の人が、何億円までなら融資できると言ったのだと思います。

銀行からお金を借りて土地を仕入ていますが、時には億単位の資金が

必要になります。

いつも資金繰りに苦しんでいましたから、本当に嬉しかったと思います。

 

でも、私はこの話しを聞いて?でした。

本当に信用が付いて借入できるようになったか、疑問だったのです。

 

どうして私が疑問に思ったのでしょうか。

皆さんで考えてみてください。

続きは、次回です。

 

(20009.09.21配信、2009.10.20公開)