起業戦略相談

起業戦略相談T(相談のみ)起業戦略相談U(簡易経営計画書作成と相談)

あります。

 

 

☆☆☆コンサルティング☆☆☆

 

『エステサロンの経営』

Q、私はネイルサロンを経営していますが、お店も軌道に乗ってきましたので、

新たにフェィシャルエステも始めたいと思っています。

 

新たに新規出店するのではなく、ネイルサロンのお客様にエステを勧めようと

思っていて、特別宣伝とかは考えていません。

 

料金体系は一回いくらというように施術ごとに決めてあり、コース料金(前払い)等は

考えていません。

 

どのようなことに注意すればよいでしょうか。


 

A、ネイルサロンとフェイシャルエステは同じ美容関係の仕事ですが、根本的に

その内容が違います。

ネイルサロンでいえば、ネイルサロンのお客様はおしゃれでネイルアートをしたいと

いう人たちです。

爪のお手入れをしたいという人よりも、今日はパーティに行くので洋服に合わせて爪に

アートをする、今日はクリスマスなのでそれに合わせたアートをするというようなことが

多いのです。

そして、フェイシャルエステのお客様はお肌のお手入れ、癒しを求めてくる人が多い。

このように同じようでも微妙に違いがあります。

まず、フェイシャルエステですがエステ業界全般のイメージとして、エステに興味が

あっても怖くていけないという人も多くいます。

初回無料、初回5千円ということで集客し、10万円のコースを買わす、10万円の

化粧品を買わすというようなことがまかり通っているからです。

相談者は、お客として自分がこのようなことを経験しているので一回いくらというように

施術ごとに支払いをすることを考えています。

このことは大賛成です。

 

これにより、いままで敬遠していた人の集客が見込めると思います。

そして、ネイルサロンのお客様にエステを勧めるとのこと。

最初はそれでよいと思いますが、少しずつお客様の間口を広げていかないと

売上は伸び悩むと思います。

それというのも、お客様が美容にかけるお金というのは限られているからです。

 

収入が決まっているのですから当然です。

一部の富裕層を除いて、エステにお金をかけるとその分ネイルにかけるお金が

減るかも知れません。

ネイルのお客様にエステが気に入ってもらえたら、お友達等のご紹介をお願いし、

ネイルに興味がないお客様も取り込んでください。

また、エステに興味があっても食わず嫌いの人が多いのも事実です。

私の顧問先にエステを行っている会社があり、女性職員が初めて行き非常に気に入り、

その後通っています。

この女性職員も前からエステに興味があったのですが、今まで行ったことはなく、

顧問先で気心が知れているから行こうと思ったのです。

実際に経験がある人は、時間とお金が許せば通いたいと思うはずです。

このように経験すれば、気に入ってもらえると思います。

まず、ネイルサロンのお客様にモニター(当然宣伝も兼ねています)になってもらい、

お客様の感想を集めオープン前に徹底的に内容の検討をします。

そして、コースはないとのことですが、お客様に提案するプランを考えることをお勧め

いたします。

たとえば、「美肌プラン」「癒しプラン(マッサージ付)」などです。

お客様のお肌の状況に応じて、肌が傷んでいれば何回通えばよいとかの提案は

必要だと思います。

理想は月一回定期的に通ってもらう固定客を獲得することなので、顧客カルテの整備、

充実をはかることも忘れないでください。

また「癒しプラン」は、お客様としてキャリアウーマンを考えていますが、その場合、

お店の営業時間を考えなければいけません。

遅くまで営業しないと通いたくても通えないからです。

私の顧問先に原宿の美容室がありますが、営業時間は12時からというのが多く夜9時、

10時まで対応しています。

お客様に合わせて営業時間も考えてください。

以上を簡単にまとめますと次のようになります。

1.エステに興味があっても食わず嫌いの人が多いので、モニター制度を取り入れ

エステの理解を深める。

2.お客様の紹介などでネイルサロン以外のお客様を取り込む。

3.お客様のカルテの整備、充実に努める。

4.「美肌プラン」「癒しプラン」などのコースではないプランを提示する。

(1回で終わる施術から数回の施術まで考える)

5.お客様の通える時間を考える。

サロンという名前は同じでもその内容は千差万別です。

経営しているネイルサロンの詳しい状況はわかりませんので、細かいことは

言えませんが、一般的に注意する点をご説明しました。

心より新規事業のエステが成功することをお祈りしています。